HANDMADE IN JAPAN

mod.の製品紹介のまえに、まず商品製作を担うファクトリー「ナガサキ工業」を紹介します。

 

ナガサキ工業は愛知県名古屋市の川のほとりにある、戦前から続く老舗金属加工メーカー。工業用の大型金具や車両部品だけでなく、様々な工業部品を手がけており、工場内にはたくさんの大型機械が並びます。

mod.のアイテムはすべて、このファクトリーから直接皆様にお届けします。

_DSC0630_B.jpg

現在ほとんどのインテリアプロダクツは中国や東南アジアで生産されていますが、mod.の製品は一点一点がすべてこのファクトリー内で、熟練の金属加工技術を持つ職人によってハンドメイドで製作されます。

それなのにリーズナブルな価格で提供できるのは、ナガサキ工業の一貫製作でコストカットが可能となったから。バブル以降の不況の影響で消えた工場も多く、一貫して様々な工程をこなせるメーカーは、実は今では珍しい存在なのです。

_DSC6616_B.jpg
_DSC6441_B.jpg

しかしmod.製品の生産は、そんな熟練の職人たちにとっても新しいチャレンジの連続。 

というのも彼ら職人が通常手がけている工業部品は、規格サイズそのまま寸分違いない生産精度が試されます。ところがハンドメイドらしい質感を生かすmod.デザインは、それとは真逆のアプローチ。それまで培ってきた発想では製作できず、とまどって手が止まることも多かったとか。

_DSC6377_B.jpg

デザインとしてカッコよく、しかしわざとらしくならないバランスを探るため、試行錯誤のくりかえし。

インテリア雑貨は作ってみて、実際に使って試してみないとわからない部分も多くあります。デザインを重視しすぎて細過ぎる鋼材で製作してしまい、グラングランとメトロノームのように揺れるハンガーラックが出来てしまった苦い経験も(笑)

 

ちなみに一般的なインテリア家具には内側が空洞のスチールパイプが使われますが、mod.では画像のように、中まで金属が詰まった工業用鋼材を、贅沢にそのまま使用しています。おかげで生活感を感じさせない、ミニマムモダンな佇まいに仕上がりました。

ストアオープンはもうすぐです。

(*訂正:今週オープン予定でしたが、湿度の関係などで塗装スケジュールが延期し販売開始は来週となりました。ごめんなさい)

_DSC6362_B.jpg
YUKO KASUYA