GARMENT RACK #1

GW明けにストアオープン予定でしたが、湿度の関係で塗装スケジュールが伸びたためやむなく延期となりました。ごめんなさい。

仕切り直して、来週14日(月)にストアオープンが決定。それに先駆けてBlogで各製品紹介をしていきます。

_DSC7135_b.jpg

趣味が高じてセレクトショップをスタートさせるくらいなので、自他共に認める洋服持ちの私です。そしてお気に入りの洋服は永く愛用したいタイプなので、帰宅後に脱いだ衣類は湿気や熱を取ってからクローゼットに収納するなど、日常のちょっとしたケアも心掛けています。

ただジャケット・コートなどのアウター類は、重量があるのでいちいち仕舞うのも大変! 「とりあえず」とソファや椅子に掛けてしまうと部屋は散らかる一方だし、家族が多いとなおさらアウターの整頓には困るのではないでしょうか。

 

ということで着用頻度の高い洋服をどうにかすべしと、これまで色々な家具を試してはきました。しかし私の洋服の量が問題なのでしょうか、

「よくある一本脚ハンガーラック」→ 重量の偏りで全方向に転倒する

「壁に立てかけ式の一本脚ラック」→組立家具なので接続箇所が折れ服の重みで横倒し

と逆にイライラする結果に...... ! というか収納のために仕方なく買いましたが、デザインも塗装的にも生活感を醸し出すのでまったく好きになれませんでした。いいなと思うと値が張りすぎたり、主張が強過ぎたり、サイズが大きすぎて置き場所がないからと断念したり。とにかくとにかく見つからない。

 

なのでmod. LIFE HARDWAREに関わることになった時に、まず最初に「理想のハンガーラック」を作ろうと思ったんです。

_DSC5713_b.jpg

 HANDMADE IN JAPAN

 PRICE: 23,700yen(incl. TAX + SHIPMENT COST)

全長:167cm  幅:33cm 奥行き:31cm   重量:約5kg

 

本棚の横などちょっとした隙間に置くことができる省スペース設計。

重量のある洋服をかけてもぐらつかない安定感。

生活感を感じさせず、主張もしすぎないミニマムデザイン。

そして、掃除がしやすいこと!

 ブランドロゴは足元のバーにひっそり手打ちで刻印。

ブランドロゴは足元のバーにひっそり手打ちで刻印。

細めの鉄棒を使うことで悪目立ちせず、それぞれのインテリアテイストにすんなり馴染むようデザイン。

前回のブログに登場した、中まで詰まった工業用鉄骨材なので、既製品らしくない金属独特の風合いが楽しめます。溶接などの加工跡はあえて残し、ハンドメイドらしい表情を生かしました。

さらに脚は低めに設計したので無駄なスペースをとらず、空いた足元にはカゴなどを置くことも。脚と床との設置面も減らして掃除もしやすい仕様です。

 

薄手アウターは10〜12着前後、冬物厚手アウターは7〜8着前後の収納が可能なサイズ。

 薄手衣料は10〜12着前後かけられます。
 厚手アウターは7〜8着前後。ちなみにVETEMENTS(ヴェトモン)の黄色JKTはアウターの2着分くらいの厚み有り。。

厚手アウターは7〜8着前後。ちなみにVETEMENTS(ヴェトモン)の黄色JKTはアウターの2着分くらいの厚み有り。。

幅33cm、奥行き31cmだから、狭いスペースに好みの向きで設置可能。疲れて帰宅した日にも、これさえあればサッと衣類が片付くから気分もスッキリです。

 

そして気になる価格ですが税込23,700円、しかもなんと送料無料。

洋服には大枚をはたくが家具には渋りがちな私ゆえに、価格にもこだわりましたよ。買ったばかりの洋服を、すぐにしまわず飾って眺めてニヤニヤしたい貴方にもオススメの一品です。